オーディションの理由

女優や俳優の卵などがぶつかる壁の一つに、オーディションがあります。
オーディションで一発で通るなどという方はほとんどおらず、あまりにもオーディションに通らず、仕事が全くないため、バイトをしながらカツカツの状態で暮らしているという方も少なくありません。
そんなオーディションですが、そもそもなぜ、オーディションを実行するのでしょうか?その理由は、主にこれらがあげられます。

劇団所属や事務所所属オーディションの場合は、オーディションを通して、その人の人柄や実力をチェックし、自分たちの仲間として一緒にやっていくことが出来るかどうか、仕事で使うことが出来る人間かどうかなどをチェックしていきます。

次に、映画やドラマ、舞台などの役のオーディションの場合は、その人がイメージに合っているかどうかが重要視され、作品を良い物にすることが出来る人材かどうかなどが判断されます。
ある程度完成されている人間を選ぶオーディションと言えるでしょう。

このように、オーディションをやる理由は物によって様々ですが、内容によって、選ぶ人間のタイプが異なってきますので、オーディションに合わせた対策をする必要があると言えるでしょう。
ですが、変に取り繕ってしまうと、あなたの良い点が全て壊れてしまうことがありますので、ヘタに取り繕おうとはせずに、初めてオーディションに行くという場合は特に、まずは全力でオーディションに臨むことをオススメします。